ネオギフトと他社を比較【換金率・安全性・本人確認・入金スピード】

今回この記事ではネオギフトと他社とではどれだけ違いがあるのか検証していきたいと思います。

せっかく現金化業者を利用するのであれば、100円でもお得に利用したいのは誰もが思うことですね。

はたして、どちらがお得に利用できるのでしょうか!

ネオギフトvs他社【換金率】

インターネット上にある現金化業者のほとんどはホームページに最大98%のように記載しています。

理由としては単純に見た目が良いのと、利用者側も半信半疑ではありますが、もし98%の換金率で現金化できたらラッキーだし話しでも聞いてみるか!となるからだと思います。

しかし、現実は98%で現金化することは100%不可能です。

実際には『業者側に支払う手数料・決済手数料・消費税・送料・振込手数料』が引かれ最終的には65%~70%前後の換金率まで下げられてしまうのです。

ネオギフトの場合、ホームページの換金率は80%~82%と記載しています。

初めてネオギフトのホームページを見た人は低いと感じるかもしれませんが、ネオギフトは手数料がかからないので、表記通りの換金率で現金化することができます。

表記通りと言うことは80%~82%なので、計算上はネオギフトが業界でもトップクラスに高い換金率になると言うことが分かりました!

ネオギフトvs他社【対応・安全性】

次に利用者への対応についてネオギフトと他社とでは違いがあるのか解説したいと思います。

他社の場合
・ホームページ記載通りの換金率で現金化することができない
・身分証明書、クレジットカード情報を送らないと換金率を教えてもらえない
・クレジットカード情報を両面全て送らなくてはいけない
・業者指定商品の購入は業者側でカード情報を入力して購入される
ネオギフトの場合
・ホームページ記載通りの換金率で現金化することができる
・身分証明書・クレジットカード情報を送らなくても換金率を聞ける
・クレジットカード情報は全て送る必要がない
・業者指定商品の購入は利用者自身で行うのでクレジットカード情報が漏れる心配がない

この結果を見てみなさんはどのように感じましたか?

明らかに違うのが一目瞭然ですよね!!

どれだけネオギフトの対応がいいかわかりましたね。

このような対応をしてくれる現金化業者は正直、数少ない貴重な業者と言えるでしょう。

対応・安全性はネオギフトの勝利です!

ネオギフトvs他社【本人確認】

続いてネオギフトと他社とではどれだけ本人確認に違いがあるのか検証していきたいと思います。

クレジットカード現金化は初めて申込する場合、本人確認が必ずあります。

本人確認は基本的に身分証明書とクレジットカード両面を送り、本人確認ができた時点で指定商品の購入です。

なぜ本人確認が必要かと言うと、利用者の中には他人のクレジットカードで申込みしてきたり、偽造カードを使用する悪質な利用者も少なからず存在するからです。

万が一、不正利用されてしまえば現金化業者側の損失はかなりの物です。そのため、必ずはじめに本人確認をおこないます。

本人確認の方法はほとんどの業者が写メに撮り送る方法をとっています。

そして、本題に戻りますが、ネオギフトと他社の違いは写メの撮り方にあります。

他社の場合
・顔つきの運転免許所を自分の顔の横に置き自撮りする
・クレジットカードの両面を何も隠さずに撮影する
ネオギフトの場合
・自撮りなし
・クレジットカードの両面の写メは必要だが、カード番号とセキュリティコードは隠して撮影する

あきらかにネオギフトの方が本人確認は良心的だと思いますし、セキュリティー面もカード番号・セキュリティコードを隠して撮影なので安心です。

悪質な現金化業者にあたってしまえば、最悪個人情報が闇サイトなどで売られてしまう可能性も0%ではありませんので業者選びは慎重におこなわなくてはいけません。

本人確認は安全性を含め、ネオギフトの圧勝です。

ネオギフトvs他社【入金スピード】

最後に、入金までのスピードはどちらが早いのか説明させていただきます。

初めての場合は、本人確認があるのでネオギフトも他社を使った場合でも平均40分くらいはかかります。

2回目以降の申込は本人確認がないのでどちらの業者を利用しても10分~15分程度で入金されます。

基本的に2回目以降の申込はどこのお店を利用しても初回より早く入金がされるので、この勝負はドローですね!

まとめ

・換金率
・対応、安全性
・本人確認
・入金スピード

ネオギフトと他社を比較した結果、ネオギフトに軍配が上がりました!!

しっかり比較してみるとこれだけの違いがあるんですね(笑)

どれだけネオギフトが安全で優良業者か証明できましたね(‘◇’)ゞ

現金化業者を選ぶ際には、換金率だけではなく、安全性もすごく重要になるので頭に入れて置いてください。